医療秘書実務士

仕事と資格について

どのような仕事?

医療体系が専門分化・高度化する現在,チーム医療を円滑に行うことから生まれた事務系の専門職, それが “医療秘書” です。
 コ・メディカルスタッフといわれる看護師・レントゲン技師・薬剤師・理学療法士などの職員同士, そしてコ・メディカルスタッフと患者さんとの間に位置してコミュニケータとしての 役割を担います。仕事内容は,院長・総看護師長(看護部長)・医局での秘書,医事課での診療報酬請求事務・受付・病歴管理。 そして病棟クラーク,診療部門での医師のサポートなど,多彩な業務を担当します。

どのような資格?

“医療秘書実務士” は,医療機関や福祉施設において, 「医学の知識をもった秘書」,「接遇の専門家」, 「医療事務や種々の情報の管理能力とコミュニケーション能力などを備えた 人間性豊かな職業人」として,介護保険制度導入後も医療や福祉分野に期待される資格です。
 “医療秘書実務士” の養成カリキュラムは,医学・薬学・社会福祉学などの基礎知識, IT技術・接遇マナーなどの内容を必修としています。 また,選択科目として心理学から介護や看護,そして外国語会話や手話を含めた コミュニケーション技法に関する科目を取り入れています。

カリキュラム

医療秘書実務士カリキュラム

 

医療秘書実務士カリキュラム・ガイドラインはこちら 

 

卒業生の声

安藤さん(愛知文教女子短期大学)

資格や経験を活かして今後は後輩たちを育てていきたい。


 現在、患者さんの受付や会計、カルテ管理、情報処理、保険請求などの医療事務全般を担当しています。他にも検査での問診や患者さんの移動時の介助などの検査補助も行っています。大学時祭、秘書実務で学んだ接遇、ビジネス文書作成などは受付業務に限らず、様々な分野の勉強ができたことは、今の仕事にとても役立っています。

後藤さん(愛知文教女子短期大学)

これからも患者さんへのおもいやりの気持ちを大切にしたい。


 岐阜県の総合病院で、主に受付業務や会計入力、電話対応、レセプト作成などを行っています。受付や会計の時などに、患者さんから「ありがとう」とお礼の言葉をいただくと、やりがいを感じます。学生時代の秘書検定や医療事務に関する授業で学んだことは、現在でも役立っています。また茶道や調理学実習では、医療事務の知識だけでなく、女性として今後も役立つスキルを身につけられました。これからも患者さんに思いやりをもって対応できるよう心がけたいです。

 

山本 葵さん(山陽女子短期大学)

患者さまに「ありがとう」と笑顔で声をかけていただく時、
少しでも患者さまの力になれたことを嬉しく思います。


 私は今、「Sun女」での学びを活かして医療の現場で働くことができ、やりがいと誇りを感じています。医療事務の仕事に少しでも興味があるなら、ぜひ挑戦してみてください☆

 

樋井 瑞栄 さん(大阪女子短期大学)

幅広い知識を身につけて 医療事務のエキスパートになりたい!

 手術や入院施設を備えた病院に勤務しています。受付、クラーク、計算、会計などをひと通り経験し、現在主に担当している業務は“労災”。労働基準監督署とのやりとりなどを行っています。私が日々心掛けていることは、患者さんにやさしく丁寧に説明すること、そして迅速に対応することです。「わかりやすい説明だったわ」などと言ってもらえると、とても嬉しくなりますね。女子短では医療秘書技能検定2級や医事コンピュータ技能検定3級など、さまざまな資格に挑戦しました。その時の経験や授業で得た知識が、今の仕事のベースになっていると実感しています。まだまだ勉強の日々ですが、あらゆるケースに対応できるよう応用力を身につけていきたいです。